神崎宣武

かんざき のりたけ

人物枠_3.png

神崎研究室室長・旅の文化研究所所長

1944年
岡山県生まれ。
武蔵野美術大学在学中より宮本常一に師事。以降、国内外の民俗調査・研究に従事。
陶磁器の技術伝播の調査と民具の収集に始まり、食文化に展開。
旅への関心は、フィールドワークの体験と旅先で出会った行商の人たちとのつきあいから郷里の吉備高原では神主でもある。

旅の文化研究所所長
日本民俗学会会員
文化庁文化審議専門委員
五十鈴塾講師

吉備高原の神と人(中央公論社)
日本人は何を食べてきたか(大月書店)
しきたりの日本史(角川学芸出版)
酒の日本文化(角川学芸出版)
『湿気』の日本文化(日経)
おみやげ-贈答と旅の日本文化(青弓社)
ちちんぷいぷい-『まじない』の民俗(小学館)
三三九度-日本的契約の民俗誌(岩波書店)
江戸の旅文化(岩波書店)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now