山勢松韻

やませ しょういん

人物枠_3.png

箏曲 重要無形文化財保持者 ・人間国宝 六代山勢松韻

1932年東京生まれ。幼い頃から実姉五代山勢松韻に箏曲を習う。杵屋系の師より長唄、三味線の教えを受ける。NHK邦楽技能者育成会を経て東京藝術大学音楽学部を卒業。

1964年 大学院在学中、ワシントン大学で箏曲講師を務める。
1968年 大学院を修了。在学中に中能島欣一に師事、のちに清元を清元志寿太夫に師事。
1986年、87年、89年 文化庁芸術祭賞を受賞。
1996年 芸術選奨文部大臣賞を受賞。
1998年 紫綬褒章受賞。
2000年 六代山勢松韻を襲名。
2001年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。
2008年 日本芸術院会員。
2009年 日本芸術院賞受賞、日本三曲協会会長となる。
現在、
社団法人日本三曲協会常任理事
山田流箏曲協会理事
山勢松韻会会長

「姉妹の松韻―筝曲に咲いた二代の譜」(清流出版)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now