浦上 満(うらがみ みつる) ―講師プロフィール

浦上 満
 主人
幼少の頃より、コレクターであった父、浦上敏朗(山口県立萩美術館・浦上記念館 名誉館長)の影響で古美術に親しみ、大学卒業後、繭山龍泉堂での修行を経て浦上蒼穹堂を設立。数々の展覧会を企画開催し、また、日本の美術商として初めて1997年から11年間ニューヨークで「インターナショナル・アジア・アート・フェア」に出店。ベッティングコミッティー(鑑定委員)も務めた。現在、東京美術倶楽部取締役及び東京美術商協同組合の理事を務める。

著書

『古美術商にまなぶ中国・朝鮮古陶磁の見かた、選びかた』(淡交社,2011)

関連HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です