クルト厳蔵(くるとげんぞう) ―講師プロフィール


高野山真言宗僧侶
本名クルト・キュブリ。スイスのチューリヒ生まれる。1997年に高野山・無量光院(和歌山県高野町)の修行僧となり、得度して役僧として働くかたわら、高野山を訪れる外国人観光客用のテキストを作ったり、案内を引き受けたりしている。また、ラオスの貧しい農村出身の見習僧が学ぶ中・高校の教育を充実させたいと計画し、世界に資金援助を呼び掛けた。全国各地やスイスなど海外4カ国から計約30人の資金援助により、2009年にラオス北部の古都ルアンプラバンに校舎2棟(5教室分)を新築したほか、古い校舎1棟をコンピューター教室に改修し、インターネットも可能にした。

和塾お稽古
平成二十三年八月十七日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です