野地耕一郎(のじこういちろう) ―講師プロフィール

野地耕一郎
練馬区立美術館主任学芸員
1958年神奈川県生まれ。成城学園卒。美学美術史専攻。1983年から97年まで山種美術館の学芸員として勤務。現在、練馬区立美術館学芸員。主な著書として『現代の日本画8巻・杉山寧』(学研、1991年2月刊)、『現代日本素描全集8巻・加山又造』(ぎょうせい、1993年11月刊)など。企画展覧会として「日本画―純粋と越境」展(1998年)、「菊池容斎と明治の美術」(1999年)、「小嶋悠司の創造展」(2001年)。
 

One Reply to “野地耕一郎(のじこういちろう) ―講師プロフィール”

  1. 野地耕一郎さん。
    昨日、佐賀県唐津市の近代図書館で「わたしは広汎性発達障害を持ってて、それでも芸術分野で仕事がしたい」と言いながら、山の絵を見せていた廣瀬万理です。
    昨日は本当にありがとうございました。とってもワクワクできる貴重な体験でした。今日、さっそく絵を描きたくなり描いてましたよ!本当に貴重な瞬間をありがとうございます。

廣瀬万理 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です