深井しげ子(ふかいしげこ)  ―講師プロフィール

深井しげ子
組紐師 東京都伝統工芸士 深井組紐所代表
 江戸時代に発祥したと言われる、色どり豊かな「江戸組紐」の技を受け継ぎ、現代のセンスを添えた品物を製作している。組紐というのは、数本〜数十本の糸を一定の組み方に従い交互に交差させて組み上げた紐のこと。その断面の形状から「平紐」「角紐」「丸紐」に大別され、色束の数や組み上げの技法、仕上がりの文様などから、四つ組・八つ組・唐組・綾竹・笹波・三好・・などたくさんの種類がある。変化形も含めると300以上の種類があると言われている。

関連HP

深井組紐所

和塾お稽古
平成二十二年七月二十八日くのや和塾・第十二回お稽古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です