林家正雀(はやしやしょうじゃく) ―講師プロフィール

落語家
山梨県大月市出身の落語家である。落語協会所属。本名・井上 茂(いのうえ しげる)。出囃子は『都風流』。趣味は歌舞伎鑑賞。林家彦六最後の弟子であり、師匠彦六の怪談噺、芝居噺の継承者としても知られている。

略歴
1974年
8代目林家正蔵(後の林家彦六)に入門。前座名は茂蔵。後に繁蔵に改名
1978年
二つ目昇進。林家正雀に改名
1979年
第8回 NHK新人落語コンクール 最優秀賞
1982年
師匠・彦六死去。兄弟子・林家上蔵(現・3代目桂藤兵衛)と共に兄弟子・2代目橘家文蔵一門に移籍
1983年
兄弟子・藤兵衛、林家時蔵よりも先に真打昇進
1987年
文化庁芸術祭賞
1992年
文化庁芸術祭賞
1996年
芸術選奨新人賞大衆芸能部門

関連HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です