大沼秀顯(おおぬま ひであき) ―講師プロフィール


鳴子こけし工人 大沼岩太郎家五代目
昭和31年5月20日生。祖父・大沼秀雄に師事し、古くから宮城県で愛されてきた”鳴子こけし”を造ってきた。こけしの魅力を今に伝えるために積極的に活動。2011年には日本の伝統文化の一つである「」で日本を、東北を、そしてこけし文化を「支援」しようというイベント『KOKESHIEN! EN MEXICO』がメキシコで開催され、そこで行われたワークショップの講師を務めた。

和塾お稽古
平成二十年十一月十一日第五十五回・お稽古 ―こけし~つつましき日本の美―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です