吉海直人(よしかい なおと) ―講師プロフィール

吉海直人同志社女子大学 表象文化学部日本語日本文化学科 教授
1953年生まれ。文学博士。同志社女子大学学芸学部日本語日本文学科教授。國學院大学大学院修了。専門は平安文学。王朝和歌の検証を主軸に、「」に関して和歌史・かるた・文化史と様々な角度から全般にわたり研究している第一人者。


著書
『源氏物語研究 而立篇』(月堂文庫,1983)
『源氏物語の視角 桐壷巻新解』(翰林書房,1992)
『百人一首の新考察 定家の撰歌意識を探る』(世界思想社,1993)
『「源氏物語」研究ハンドブック 巻別・テーマ別研究文献目録』(翰林書房,1994)
『平安朝の乳母達 「源氏物語」への階梯』(世界思想社,1995)
『百人一首への招待』(ちくま新書,1998)
『百人一首の新研究 定家の再解釈論』(和泉書院,2001)
『源氏物語の新考察 人物と表現の虚実』(おうふう,2003)
『「垣間見」る源氏物語 紫式部の手法を解析する』(笠間書院,2008)
『源氏物語の乳母学 乳母のいる風景を読む』(世界思想社,2008)
『だれも知らなかった〈百人一首〉』(春秋社,2008)
『百人一首かるたの世界』(新典社,2008)
『源氏物語〈桐壺巻〉を読む』(翰林書房,2009)
『「いろはかるた」の世界』(新典社,2010)
『「住吉物語」の世界』(新典社,2011)
『百人一首を読み直す 非伝統的表現に注目して』(新典社,2011)
『新島八重 愛と闘いの生涯』(角川選書,2012)

和塾お稽古
平成二十三年十二月十四日第二十九回「は組」お稽古「百人一首」吉海直人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です