マイケル・レドモンド(Michael Redmond) ―講師プロフィール

マイケル・レドモンド
囲碁棋士 日本棋院九段
日本、アメリカの囲碁棋士。アメリカカリフォルニア州出身、日本棋院、アメリカ囲碁協会所属、大枝雄介九段門下、九段。数少ないアメリカ出身のプロ棋士で、欧米人として初めて九段に昇段した。新人王戦準優勝など棋戦でも活躍。妻は中国囲棋協会の牛嫻嫻三段。

略歴

1963年
アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタバーバラで生まれる
1973年
10歳の頃に父に教えられて囲碁を始める
1977年
14歳のときにプロを目指し、日本棋院の院生となる
1978年
大枝雄介の内弟子となる
1984年
大手合第二部で全勝優勝
1985年
大手合18連勝を記録、若手棋士トーナメントの留園杯で優勝、五段
1992年
新人王戦決勝に進出し、小松英樹に0-2で準優勝
2000年
欧米人としては初めて九段に昇段
2009年
史上85人目、欧米出身棋士としては初めて公式戦通算500勝達成(331敗2ジゴ)

著書

『NHK囲碁シリーズ マイケル・レドモンドの攻め・守りの基本』(日本放送出版協会,2001)
『星の定石 その後(囲碁ライフブックス)』(毎日コミュニケーションズ,2003)
『序盤でリードする戦いの布石 これであなたも力戦派 囲碁CD-ROM BOOKシリーズ』(日本放送出版協会,2006)
『NHK囲碁シリーズ レドモンドの基本は格言にあり』(日本放送出版協会,2008)
『コウが1から10まで分かる本 マイコミ囲碁ブックス』(毎日コミュニケーションズ,2008)

関連HP

和塾お稽古
平成二十年三月十一日第四十八回・お稽古 ―囲碁~つかみどころなし―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です