瀧本光國(たきもと みつくに) ―講師プロフィール

瀧本光國彫刻家 仏像修復家
『制作をしているとき、いったい自分は何を現そうとしているのか、自問することがよくある。その「何を」ということと、対象の具象性とはあまり関係無く、むしろ具象的なもの程その「何を」がわからなくなることがある様だ。瀧の彫刻はそのイメージの具象性から実態である水を彫刻にしようとするとますます瀧から遠ざかっていく。実態としての瀧を創らない事が逆に彫刻として瀧が立ち現れることにつながることかもしれない。』(

略歴

1952年
福岡県に生まれる
1976年
信州大学森林工学科中退
1977年
イタリア・ミラノにて彫刻家豊福知徳に師事
1997年
ギャラリー手(東京)
1999年
白銅てい画廊(東京)「京橋界隈`99」
2000年
ギャラリー極楽亭(鎌倉)
2002年
東京画廊(東京)
2004年
MIKA GALLERY(New York)
2005年
かわさきIBM市民文化ギャラリー(川崎)
2007年
GALLERY HIRAWATA(藤沢)
2011年
カスヤの森現代美術館(神奈川)
2012年
「彫るもの、彫ること」東京画廊+BTAP(東京)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です