荒川正明(あらかわ まさあき) ―講師プロフィール

荒川正明学習院大学文学部哲学科 教授 元出光美術館主任学芸員
日本美術史家。学習院大学で陶磁史を研究されたのち、出光美術館にて学芸員として「古唐津」「古九谷」「志野と織部」「乾山の芸術と光琳」他、数多くの企画展覧会を手がける。2008年に学習院大学教授に就任。

略歴

1961年
茨城県に生まれる
1984年
学習院大学文学部哲学科卒業
1987年
学習院大学大学院人文科学専攻修士課程修了
1987年
(財)出光美術館 学芸員
2008年
学習院大学文学部哲学科教授

著書

『アートセレクション 板谷波山の神々しき陶磁世界』(小学館,2001)
『板谷波山の生涯』(河出書房新社,2001)
『やきものの見方』(角川選書,2004)
『やきものの楽しみ方』(池田書店,2009)

和塾お稽古
平成二十二年一月二十日ーやきものの魅力をたずねてー荒川正明先生 第七回混合クラス
平成十七年六月十四日―やきもの(伊万里)を知ろうー荒川正明先生 第十五回和塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です