木村宗慎(きむら そうしん)ー講師プロフィール

木村宗慎
茶人
本名は木村慎太郎(きむら しんたろう)。茶名は宗慎。1976年生まれ。 神戸大学卒。裏千家茶道を学び、平成9年、芳心会を設立。同会を主宰し、京都・東京で教室を持つ。その傍ら、雑誌・テレビなどで茶道を軸に懐石料理や美術の監修構成、コーディネート、など著作活動を行う。

略歴

1976年
愛媛県に生れる
1997年
芳心会を設立
1998年
JR東海「そうだ京都いこう」CMの茶室編に協力、同CMに出演
1999年
京都パリ文化交流使節団員として、パリ・ユネスコ本部での茶会に参加
2000年
『婦人画報』誌上にて、デザイナーテレンス・コンラン卿を京都大徳寺に迎えての茶会と、コンランショップとのコラボレーションによる茶会の構成
2001年
『婦人画報』誌上で時計ブランド・OMEGAのスポンサーによるシンディ・クロフォードを迎えた茶会の構成などを行う
2005年
イタリア・ミラノサローネ「和空展」にて、辻村久信氏デザインの茶室の監修。また、和空展スペシャル・レセプションとしての茶会を構成、美術監修を行う
2008年
日本博物館協会 顕彰
2011年
JCDデザインアワード金賞受賞
2011年
宇和島大賞受賞

著書

『茶の湯デザイン』(阪急コミュニケーションズ)
『千利休の功罪。』(阪急コミュニケーションズ)
『利休入門』(新潮社とんぼの本)

関連HP

和塾お稽古
平成二十二年二月十七日ー茶の湯ー『相手のいる』文化ー木村宗慎先生 第八回混合クラス
平成二十二年一月二十七日くのや和塾・第六回お稽古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です