福原寛(ふくはらかん)ー講師プロフィール

福原流笛方
人間国宝福原流宗家 四世寶山左衛門師に、てほどきより師事
重要無形文化財江戸里神楽を、四世家元 若山胤雄師に師事
1990年 東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業
1991年 同大学院修士課程修了
1999年 第二回ジョイントリサイタル「笛と唄と」にて名古屋市民芸術祭審査員特別賞受賞
2004年アテネオリンピック・シンクロナイズドスイミング日本チームのテーマ曲の演奏
2005~6年 十八代目 中村勘三郎襲名披露興行に出演
歌舞伎や日本舞踊会などの古典を中心とした演奏活動のほか、NHK古典芸能鑑賞会、国立劇場主催公演などの企画公演に出演、また能楽と歌舞伎囃子の融合を目指す。三響会にも初回から出演。他ジャンルの演奏家(インドバンスリーの巨匠ハリプラサード・チャウラスィアー氏、サムルノリの金徳珠氏、オイリュトミーの笠井叡氏など)や、語りや朗読とのコラボレーションなど様々な演奏表現にも積極的に参加。 

現在、
国立音楽大学講師
「苑の会」主宰

主な著書
『篠笛の本』
『篠笛曲集一』
『篠笛曲集二』

主なCD
『日本の響き‐篠笛曲集』
『笛‐四季を綴る』

関連HP
 笛に想う

和塾お稽古
平成二十二年十二月八日 「歌舞伎の横笛 ~竹の囁き」 
平成二十三年三月八日「歌舞伎の横笛 ~竹の囁き」

日本の響き 篠笛曲集

福原寛 / インディペンデントレーベル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です