白倉敬彦(しらくらよしひこ)ー講師プロフィール

浮世絵研究家 文筆家
1940年 北海道生まれ
早稲田大学文学部中退
独立の編集者として、
長年美術・浮世絵関係の企画・編集に携わる
2007年 『タモリ倶楽部』「家康もビックリ!庶民はお盛んだった!!江戸人の夜のしきたり」に出演

現在、
国際浮世絵学会常任理事

主な著書
『春画の楽しみ方 完全ガイド』(池田書店)
『春画を読む 恋のむつごと四十八手 』(平凡社)
江戸の絵師四十八人』(平凡社)
『春画にみる江戸の性戯考』(学習研究社)
『江戸の春画』(洋泉社)
『江戸の色恋』(洋泉社)

関連HP
国際浮世絵学会

和塾お稽古
平成二十一年一月十三日「春画〜笑う性愛」
平成二十一年八月十九日 「春画~豆男の色道修行」

絵入春画艶本目録

白倉 敬彦 / 平凡社

春画にみる江戸の性戯考

白倉敬彦 / 学習研究社

春画の楽しみ方完全ガイド

白倉 敬彦 / 池田書店

春画を読む 口説きの四十八手 (平凡社新書 467)

白倉 敬彦 / 平凡社

新版 江戸の春画 (歴史新書y)

白倉 敬彦 / 洋泉社

肉筆春画 (別冊太陽)

白倉 敬彦 / 平凡社

喜多川歌麿―世界が賞賛した“エロスと色彩”の魔術師 (COLOR新書y―カラー版・江戸の春画)

白倉 敬彦 / 洋泉社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です