新ばし花柳界 年に一度のお祭り・第91回「東をどり」、今年も大盛況にて執り行われました。

和塾がお手伝いをはじめてから四年目の「東をどり」。東都初夏の風物詩として、今年も大勢のお客さまをお迎えすることが出来ました。江戸の粋、日本の綺麗。最高峰の花街を舞台としたこの公演は、伝統芸能・日本舞踊のステージとしても最大規模のもの。退潮が喧伝される古典芸能のただ中で、時間を掛けた広報活動やマーケティング施策を実施すれば、多くの人々の興味関心を獲得し、大きな劇場を有料来場者で満席に出来ることを示せた機会でもあります。伝統文化のサポート活動を志す和塾としても、その成果を多くの方々にご覧いただきたい催事。今年の実績を分析しつつ、来年に向けての戦略・戦術の立案がすでにはじまっています。

ともあれ、本年五月の舞台。公式カメラによるフォト・レポートを、独占速報にて公開いたします。
新ばし芸者衆の艶姿、ご覧ください。素敵ですよ。※不許複製・禁無断転載


本年の幕開きは「五人道成寺」
AZUMA15-692


AZUMA15-565

咲競五人道成寺、競い合う五人の芸者衆
AZUMA15-798

白拍子梅子・さより
AZUMA15-270

白拍子藤子・きみ鶴
AZUMA15-440


AZUMA15-058

二幕は「艶姿三趣〜第一景・芸者はるあき」から
AZUMA15-320

真ん中・寿々女
AZUMA15-614

喜美弥
AZUMA15-493


AZUMA15-470

第二景は「梅ごよみ」
AZUMA15-355

喜美勇
AZUMA15-917

花の賑い〜フィナーレは総踊りで
AZUMA15-206


AZUMA15-847

演舞場は連日大入りでした
AZUMA15-253

生花は艸心流瓶華家元継によるもの
AZUMA15-226

今年初登場の東をどり特製桝
AZUMA15-248

会場内には芸者衆点前による茶席も
AZUMA15-307

料亭の玉子焼き食べ比べも大盛況
AZUMA15-312

和装小物の名店「銀座くのや」の出店
AZUMA15-315

幕開き直前の舞台
AZUMA15-549

フィナーレは手拭いの投げ入れで
AZUMA15-951



東をどり及び新ばし花柳界に関するお問合せ等は、お名前・ご連絡先等明記の上、inq@wajuku.jp までお寄せください。
東をどり及び新ばし花柳界に関する広報マーケティング活動は、和塾がその統括窓口になっています。芸者衆や料亭等への取材・撮影・出演等のお問い合わせも、まずは和塾までお知らせいただきますよう。

No tags.

One Reply to “新ばし花柳界 年に一度のお祭り・第91回「東をどり」、今年も大盛況にて執り行われました。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です