11月12日・22日、東西企画 盛会のうちに終了しました。

晴れやかな秋空のもと、東と西の名料亭を舞台に開催された、和塾・東西企画。
それぞれ贅沢な秋のひとときをご堪能いただきました。
お運びいただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

東京開催の企画「金田中」の芝居茶屋。一見さんお断りの料亭でこの日だけの特別会席
お楽しみいただき、食後はお隣の演舞場で、中村勘九郎さん、今井翼さん、檀れいさんの芝居を
ご覧いただきました。
舞台の直前に勘九郎丈が金田中のお座敷で挨拶。
そしてなんと、数分後には舞台という緊張感をかかえられているにも関わらず、
勘九郎丈、ご参加のみなさまと記念撮影くださいました
歌舞伎役者衆と近しい金田中を会場にしたからこそ叶った特別なハプニングでした。

京都開催の企画は「瓢亭」での秋の宴。和塾でも久々の京都の企画となりました。
紅葉まっさかりの京都南禅寺畔で、四百年余の伝統を誇る我が国屈指の名料亭
心ゆくまでお楽しみいただきました。
十四代主人・高橋英一さんから日本の食の要「お出汁のとり方」などを直接伝授。
そののち、実際に教えていただいた作り方で仕上がったお料理をその場でいただくという
五感で学びお楽しみいただく時間となりました。
秘密のレシピとその背景にひそむ料亭の心と技、京都という町の深みに触れられたのではないでしょうか。
今回久々にお会いできましたお客様にも世話人が直接ご挨拶・お話しできましたこと、
大変嬉しいことでした。

ご来場のお客さま、会場を提供くださった料亭の皆さま、中村勘九郎丈に改めてお礼申し上げます。
今後ともこのような活動をつづけてまいりますので、引き続き応援・ご指導くださいますよう
宜しくお願いいたします。

◎当日の風景

東・東京「金田中」の芝居屋 〜中村勘九郎・今井翼 出演舞台の鑑賞と金田中の料理〜

■ 日時:11月12日(火) 13時〜
■ 会場:東京/金田中・新橋演舞場
■ 特別ゲスト:六代目 中村勘九郎丈

SONY DSC

(▼以下、写真はクリックいただくと拡大表示されます。)

西・京都「亭」料亭の粋と技 〜十四代主人・高橋英一が紐解く京料理の神髄〜

■ 日時:11月22日(金) 12時〜
■ 会場:京都/瓢亭 本店
■ 特別ゲスト:十四代主人・高橋英一

kyoto

(▼以下、写真はクリックいただくと拡大表示されます。)

No tags.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です