本科、葉月の授業のご案内です。

暑中お見舞い申し上げます。

みなさま連日いかがお過ごしでしょうか。参院選後、びっくりする様な大雨の連続。史上初の隅田川花火大会の中止に見回れた年となりました。浴衣姿もさまになりつつあるみなさまには、めげずに、夏の後半も浴衣でお出かけいただきたく存じます。

さて、日本では、旧暦8月を葉月(はづき)と呼び、現在では新暦8月の別名としても使われます。
葉月の由来は諸説…
木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名ですが他にも、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。また、「月見月(つきみづき)」の別名もございます。

今月の和塾本科授業(通常お稽古)は、長唄三味線や彫金を体験。
また、9月9日の「菊の節句」ともいわれる重陽の節句を先取りして多種多様な菊を生ける体験をいたします。
通常の生花とは異なる節句の生花。勿論本格仕様に準備中です。

みなさまどうぞお楽しみに。

【8月の本科 】

6日(火)19時~:長唄三味線   講師:鳥羽屋里夕 先生
21日(水)19時~:菊の節句 重陽 講師:小池萩霞 先生
28日(水)19時~:彫金     講師:三浦孝之 先生
31日(土)14時〜:床山     講師:鴨治欽吾 先生

※お問い合せは下のお問い合せメールフォーム、各エントリー内のコメント欄、もしくは inq@wajuku.jp まで、ご返信先等明記の上、お寄せください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

No tags.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です