第六十一回「落語」講師:六代目 古今亭志ん橋 師匠 

日時:2013年1月16日(水)19:00開塾
会場: 秀明
講師:六代目 古今亭志ん橋

世の中は澄むと濁るで大違い「刷毛(ハケ)に毛があり、禿(ハゲ)に毛がなし」

新春初笑い、講師には六代目古今亭志ん橋師匠をお迎え、新高輪・秀明、お座敷でマイク無しの和塾特別席でご案内致しました。ご自身の頭を新年拝み忘れ 替わりの初日の出と称して軽やかに始まった今回は、『吉原』を題材に先生を探しだし、授業展開しようというものでした。

落語界の構成(見習い→前座→二つ目→真打→死ぬ)や師匠ご自身の修業時代のお話から
[落語家に必要な素養をいかに修行しながら培っていらしたか、伺うことができました。]
前半は吉原の歴史(1617年日本橋葺屋町に庄司甚内が幕府に直訴し花街を束ねてできたことにはじまり、明暦の大火(1657年)で浅草田圃に移転、新吉原となり、昭和33年3月31日になくなるまで)と街の構造を浅草田圃の中、土手に囲まれ其所だけ一面ぼうっと灯りのついた碁盤目の不夜城を舞台に、まるでその場にいたのではと思わんばかりの迫真の話芸をもってご案内いただきました。

江戸の遊郭の象徴として歌舞伎(『助六』『籠釣瓶花街酔醒』など)や文学、浮世絵などに登場する煌びやかな世界。その世界を彩る芸者、、大見世、茶屋、そこで遊んだ豪商たち、編笠をかぶって(顔を隠して)遊んだ武士たち。そして、花魁について。
[禿たちが自分のついた先輩女郎のことを「おいらん」と呼んだことが呼び名の由来になる。『花魁』は吉原独特の階級制度で、5つある女郎の階級のうち、上から二つ(太夫と格子)を合わせ、部屋持ち女郎の意味で花魁と呼んでいた。ほかの場所(新宿、板橋、千住、品川など)で女郎を買っても花魁は出てこない。一流の遊女は和歌や茶道など教養を身に付けており、初めて上がった客と一緒に寝ることはなく、2度目の登楼で裏を返し、3度目で馴染みになり、ようやく枕を交わすことができるようになった。等々]
人身売買の哀しい業態である事実と、社交場としての機能、大名や文化人も集まるサロン的な役割を果たした陰と陽の世界――そんな当時の様子を窺い知る予備知識を蓄え、後半は吉原にちなんだ落語『幾代餅(いくよもち)』をお座敷で鑑賞。

勧善懲悪、ハッピーエンド、予想を裏切らない噺の展開にも関わらず教室中では笑いと涙で溢れかえりました。日本人のエスプリ、琴線を鷲掴みする落語の醍醐味をなかなか上手につまみ食いできたようです。江戸の男の夢とロマン、人情、情緒いっぱいの一席、志ん橋師匠をごく間近に、話の呼吸、所作、間合いをもれなく楽しみ、雪の残る品川で、ほっこり心あたたかまるひとときでした。

ありがとうございました。

【参考】『幾代餅』について

五代目の高尾-通称『紺屋高尾』『駄染高尾』-にまつわるエピソードがモデルとなった吉原を舞台にした噺。戦後の落語界では五代目古今亭志ん生だけが『幾代餅』を演じていました。
それが息子の十代目金原亭馬生、古今亭志ん朝の得意ネタとして受け継がれ、今も「古今亭一門」の廓噺の代表作となっています。

(あらすじ)
日本橋の搗米屋六右衛門の若い衆・清蔵はいまだ女知らずの超堅物。それが吉原で人気随一の花魁、姿海老屋の幾代太夫の錦絵に恋患い。親方に「花魁は大名の遊び道具といっても所詮は売り物買い物。一年間働いて金を貯めれば会わせてやる」と言われ、いきなり病気回復すると必死に働きだす。一年後、貯めた給金十三両二分に親方が足してくれた十五両を懐に、「野田の醤油問屋の若旦那」と身分を偽り、幇間医者の藪井竹庵の案内で姿海老屋に向かう。何とか幾代に会えた清蔵。めくるめく、夢のような一夜を過ごした翌朝、「実は、自分は搗米屋の若い衆で一年間働かないとまた会いに来られない」と真実を打ち明ける。その一途な心情に打たれた幾代太夫、「来年三月、年季が明けたら、主の所へ行きんすによって女房にしてくんなますか?」と告げ、五十両の支度を清蔵に渡し、夫婦約束を交わす。夢見心地で時が過ぎると、立派な駕籠に乗って本当に幾代が嫁いで来た。夫婦で餅屋を開くと、美人の幾代餅として評判になり、維新の世まで幸せに暮らした。「男の夢を描いた噺」と呼ばれ、”両国名物幾代餅の由来”と結ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です