Wajuku Premium Experience 2020 Early Spring

最高峰の和文化体験。和塾の新年一月〜三月の催事をご案内いたします。
どれもが贅沢でまたとない企画。みなさまお誘い合わせでお出ましください。


東京吉兆本店で正統なる日本の節句を楽しむ

日本人はかわりゆく季節を楽しみ、それとともに暮らす豊かな喜びがあります。季節を区切る「節句」は、そうした暮らしを彩る大切な行事なのですが、昨今すっかり存在感を薄めていますよね。ハロウィーンやクリスマスに押されて、日本ならではの季節の喜びが失われている。グローバルであることを求められる現代だからこそ、オリジナルな風俗への知識は重要です。だから、今こそ「節句を楽しむ」。日本文化の守り人としても各界の尊敬を集める東京吉兆本店に集い、上巳=桃の節句・端午=菖蒲の節句・七夕=乞巧奠(きっこうでん)を、楽しみながら学びましょう。3月・5月・7月の3回連続の企画です。もちろん、吉兆本店謹製の節句の御料理もしっかり。加えて、上巳には箏曲、端午には囃子七夕には雅楽、の邦楽演奏もご用意いたします。

[日時]
上巳・雛飾り:令和2年3月1日(日)11時30分より〜16時00分頃終了予定
端午・兜飾り:令和2年5月9日(土)11時30分より〜16時00分頃終了予定
七夕・笹飾り:令和2年7月11日(土)11時30分より〜16時00分頃終了予定

[会場]東京吉兆本店[東京都中央区銀座8丁目]

[次第]
 11時30分 東京吉兆本店にて受付開始
 本店御座敷「節句の設え」のご鑑賞〜ご主人のお話し〜
 本店謹製「節句の御料理」の昼餉
 邦楽 演奏家(箏曲・囃子・雅楽)による音曲「節句の調べ」
 16時00分頃 終宴、現地にて解散

[定員]20名(参加定員は変更になる場合があります・申込み先着受付)

[参加費]300,000円(おひとりさま・全3回(3月・5月・7月)のお食事/節句の設え/音曲演奏)
※各回ともお飲物代は別途頂戴いたします。

ご参加申込みは下記フォームから


————
これ以上は不可能、日本で一番贅沢な花見の宴

わが国最高峰の料亭「新喜楽」。京都の名だたるお茶屋をはるかに凌ぐ格式の高さで、国賓や各界の名士だけが入店を許される迎賓の館であるこの料亭で、和塾 春の風物詩「新喜楽観桜会」を開催します。もうこれ以上は不可能な、究極の御座敷花見の宴。ご主人による桜花の投げ入れで72畳の大広間を埋め尽くし、この日だけの醍醐の花見図屏風と前田青邨の富士掛絵。寄り付きのホールにも桜花を設え、本間屏風前では歌舞音曲がさらに華を添えます。お食事は、魯山人星岡茶寮の流れを汲む和会席の粋を、この日だけの 特別な器(まさに美術品)に盛りつけてお楽しみいただきます。東京の開花に一足先んじて開催する、和塾だけの究極至高の花見の宴。ご参加いただくすべてのお客さまにとって、この桜は、きっと一生忘れられない特別な桜に。

[日時]令和2年3月14日(土)11時30分より〜14時30分頃終了予定

[会場]割烹 新喜楽〔東京都中央区築地4丁目〕

[次第]
 11時30分 新喜楽集合
 寄り付きのホールにてウェルカムドリンクと歓談
 大広にて新喜楽観桜会特別会席
 新橋芸者衆・花見の踊り鑑賞
 14時30分頃 終宴、現地にて解散

[定員]20名(参加定員は変更になる場合があります・申込み先着受付)

[参加費]100,000円(おひとりさま・ウェルカムドリンク/観桜会特別会席/新橋芸者衆の余興/お土産)
※本間でのお飲物代は別途頂戴いたします。
※本企画は「セミフォーマル」のドレスコードにて開催いたします。

ご参加申込みは下記フォームから





参加ご希望の方は、下記フォームよりお申し込みください。

【Wajuku Premium Experience 参加申込フォーム】

以下の必須項目をご記入の上、「送信」ボタンをクリックしてください。

●ご希望の催事名

●郵便番号

●住  所

●氏  名

●フリガナ

●年齢(半角入力)

●性別
男性女性無回答

●職業
学生会社員自営業自由業無職その他

●電話番号(半角入力)

●メールアドレス

●参加人数
名様

No tags.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です