アカデミックに日本の素敵をご体験いただく和塾・大人の遠足シリーズ。
今回のテーマは『数寄の建築』です。日本を代表する数寄屋大工の棟梁、裏千家大工であり、伊勢神宮の茶室やロックフェラー、ジョン・レノンの邸宅をも手掛けた中村外二(1906〜97)が興した中村外二工務店。その当代棟梁・中村義明さんの案内で、京都の数寄の建ものを巡りました。


中村外二の義明棟梁。



まず訪ねたのは、外二工務店の代表作でもある「室町和久傳」。義明棟梁を囲んでお食事をいただきながら、数寄の建築論を拝聴。次に向かったのは紫野。棟梁所縁の深い大徳寺「真珠庵」です。常は非公開のこの塔頭では、入母屋造・檜皮葺の方丈(長谷川等伯の障壁画も!)、入母屋造、杮葺の書院・通僊院、そして金森宗和好みと伝えられる二畳台目下座床の茶室「庭玉軒」などを、これまた義明棟梁の解説付きでたっぷりと鑑賞しました。


室町和久傳

大徳寺真珠庵

真珠庵茶室「庭玉軒」の内露地

真珠庵書院の襖絵





その後は、今話題の外二最新作である高台寺の「十牛庵」から外二工務店の資材倉庫や工房を経て、遠足の最後には、和塾ならでは、特別にお願いして、参加者一堂で外二が建てた棟梁のご自宅にうかがいました。斯界随一の数寄屋大工の自邸でのひとときは、一生の思い出になる貴重でまたとない機会でしたね。


高台寺十牛庵



外二の資材倉庫

中村外二工務店



棟梁自邸



京都を表徴する建築物を、義明棟梁の解説付きで探訪。最高峰の数寄屋建築が秘める日本の建ものの深さと広がりをたっぷりとご体感いただく、まさに「大人」のための一日でした。

No tags.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です