Jアート&カルチャー・エクスペリエンス

お客さまのクラス意識(欲求)と差別化志向(欲求)に応えるさまざまな芸術・文化体験を、提案型で提供するプログラムです。限られた方々だけが参加できる、他に類のない催事を企画・提案いたします。会員相互の交流を図るプログラムとしても機能します。

【エクスペリエンンスの具体例】

玉三郎と海老蔵の芝居茶屋 贔屓の会
江戸時代、歌舞伎のかかる芝居小屋の近くには、諸侯が宴を楽しみ、なじみの役者が挨拶などに訪れる芝居茶屋がありました。本年、夏の歌舞伎座では、人間国宝となった坂東玉三郎と市川海老蔵の華やかな手合わせとなる舞台が予定されています。
これを記念して、江戸時代の芝居茶屋を再現し、祝宴を開催します。演目解説や出演者挨拶など、贔屓筋の遊びを体験いただきます。

築地新喜楽大広間・お座敷観桜会
我が国の近代史の裏舞台、芥川賞・直木賞の選考会場としても知られる、東都料亭の圧倒的最高峰「新喜楽(しんきらく)」での宴。華道 艸心流瓶華(そうしんりゅうへいか)の技を持つご主人による大広間をいっぱいに使った桜花での作品に囲まれ、秀吉による醍醐の花見を題した門外不出の屏風を背に、新橋芸者衆による唄と踊りを楽しみます。

遠州流茶道宗家小堀宗実・茶の湯の会
遠州流の宗家茶室での茶会。十三世の宗家である不傳庵 宗実(ふでんあん そうじつ)自らが主人となり、会員顧客だけのために最高峰のもてなしを実施いたします。

No tags.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です